2016年3月14日 (月)

ネットで情報収集するより何倍も濃密な学びが得られる10冊の良書 - Literally

リンク: ネットで情報収集するより何倍も濃密な学びが得られる10冊の良書 - Literally.

2015年2月24日 (火)

「いちえふ」2巻発売で原画展、福島第一原発の作業員のルポマンガ | マイナビニュース

こんなのあったんだ・・・
リンク: 「いちえふ」2巻発売で原画展、福島第一原発の作業員のルポマンガ | マイナビニュース.

2015年1月18日 (日)

ウルフガイ・ドットコム -平井和正ホームページ

知人ではないので悲しくはない、ただひたすら残念だ。
リンク: ウルフガイ・ドットコム -平井和正ホームページ.

2013年11月30日 (土)

Amazon.co.jp: 0-0: Kindleストア

読みきれません
リンク: Amazon.co.jp: 0-0: Kindleストア.

2013年4月 8日 (月)

パタパタ電波時計 | 大人の科学マガジン | 大人の科学

これは欲しいです
リンク: パタパタ電波時計 | 大人の科学マガジン | 大人の科学.net.
それにしても、いい仕事してますなぁ

2013年3月27日 (水)

週刊アスキー4/30増刊号(3月25日発売)

買う
リンク: 週刊アスキー4/30増刊号(3月25日発売).
付録目当てだけどね

2012年9月11日 (火)

スマホと一緒に持ち歩きたいアクセサリーまとめ

付録に釣られて買ってしまいました
リンク: スマホと一緒に持ち歩きたいアクセサリーまとめ.
さて、どんなもんでしょうか

2011年11月30日 (水)

月刊モデルグラフィックス2012年1月号 326

今月もまたまたこの季節となりました・・・つうか、今月中に紹介できて良かったね、どうも最近はやることなすことことごとく遅れ気味で・・・
リンク: MODELKASTEN - 雑誌・別冊 - 月刊モデルグラフィックス2012年1月号.
宇宙特集です、賛否両論いろいろあるでしょうが、あっしは面白いと思います、歴史を知るという知識欲の面、キットレビューという工作技術の面、読めば読むほど深みにはまっていきそうです。あえて言わせてもらうなら、ニューキットが目白押しって状況ではないので、新製品紹介としてはいまいちだったでしょうかなぁ、まぁバンダイの ISS で十分といえば充分なんだけどね。
それでは気になるところを拾っていきましょう
・ iModela 発売になりましたな、MGスープレックスホールドの中で紹介されています、つうか特集で使い倒して欲しいです。
・駄作機は駄作
・舷窓はカラー
薔薇物語はどこまで話を引っ張るんだろうか
・タミヤの新大和発売です、金と暇と場所があるなら欲しい。
映画「聨合艦隊司令長官山本五十六ISOROKU-太平洋戦争70年目の真実-」が12/23日公開です、大日本絵画からは書籍が発売になるそうです、こちらも楽しみです。
・船舶てんこ盛り、やっぱり今月も後半カラーページに大満足(当社比)
来月は大和みたいですな、あっしは興味しんしんですが、世間様はこうゆう流れをどうみているんでしょうか・・・良く出来てるいるけど自分じゃ絶対作れない模型・・・

2011年11月 4日 (金)

月刊モデルグラフィックス2011年12月号 325

今月もかなり遅れ気味になってしまいましたが、とりあえず引き取ってきました。
平日は仕事がつづき(それが普通なんですが)、休日は除線作業で買い物もなかなか行けなくなってます。
リンク: MODELKASTEN - 雑誌・別冊 - 月刊モデルグラフィックス2011年12月号.
今月は表紙からしてガンプラです、あんましそっち系に興味の無いあっしにとっては面白みの少ない月になりそうです・・・が、GM なんかはそれでも嫌いじゃないので面白みを探っていきましょう。
事前に 2ch にて情報収集してましたが、モデグラのスレが異常に伸びていました、大体こうゆう時は本誌の内容は面白くないのが定番ですが・・・やっぱりいまいちですな・・・もうなんでガンプラじゃなきゃ駄目なのかってこ一時間~
ところで、特集の中でこれは見ておきたいって感じの仕上がりなのは「スペース・ジャバー」ですな、劇中どんな出かたをしたのかは解かりませんが、なかなかの完成度・精密感です。
で、
GM サミットですが、こうゆうのを言葉で説明できるようになりたいもんですな、写真で見ていると面白いのですが、文字だけで説明しようとすると途端に陳腐になります・・・紙面で見てください。
んで、
駄作機は駄作な感じで、世界の舷窓からは迷彩に埋もれてしまった感じです、そもそも、船舶の迷彩塗装つうのは、視認性を悪くするためにあるのですから、写真の作例もなんかごちゃごちゃして見栄えが悪くなるのが普通なんですな。話を遡ると、特集の GM にも迷彩ぽい塗装がありましたが、印象には残るが思い出せないつう感じなりますな。
そんで、
ばら物語ですが、やっぱりの展開でさらにおまけが付いた感じです。
そして、
後半はいつもと同じ感じに仕上がっています、あっしは後半の方が読み応えがありますな。

2011年9月30日 (金)

月刊モデルグラフィックス2011年11月号 324

定期購読している、月刊モデルグラフィックス2011年11月号を引き取ってきました。
内容はこんな感じです
リンク: MODELKASTEN - 雑誌・別冊 - 月刊モデルグラフィックス2011年11月号.

月刊モデルグラフィックス2011年11月号

さて、
特集は内容充実です、永久保存版と言っても良いでしょう、作例写真でも更に水増しすれば別冊化できそうな内容です。

始めに言っておきますと、今月はAFV にガンダムにカーモデルに現用機に大戦機に民間機に艦船にスカイツリーにマシンガンねーちゃんと、ありとあらゆるジャンルを網羅している内容になっています、逆に言うとコレが凄かったっていう目玉が無い月になっちゃった感じです。
てか、全部おもしろかったんだけどね。

ばら物語はやっぱりな展開になりました、やっぱりでした・・・おっぱい祭りはとうぶん先でしょうか・・・
が、
モデルカステンのマシンガンガールズが良いです・・・良いです・・・良いです・・・

駄作機も駄作の王道です。

城やスカイツリー(てか宇宙物なんかもこのジャンルか)なんかの季節物も盛り上がって来てます、たんに話題性だけじゃなくてほんとに良キットのようです、昔はろくでもないキットが当たり前のだった時代もあったのですが、良い時代になったものです。

雷電は来月あたりで本格的に紹介しましょう。
つうか、来月はジム特集なんだよなぁ、盛り上がるかなぁ。

あっしの一押しは、世界の船窓からです。この数ヶ月にわたって大戦中の艦船の迷彩について紹介していますが、今月は(今月も)気合が入っています、別冊も出たことだし(あっしも立ち読みしてきました)今後も楽しみです。

余談ですが、
情報とキットだけ収集して、実際にはほとんど作らないあっしのような存在は、一体どう呼べはよいのでしょうか、つんどくもデラー(キット収集家)程に集めているわけではないし、ペーパードライバーみたいにペーパーモデラーとすると、紙工作みたいな感じになるし・・・


2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ