« SDRに水温計 | トップページ | JAXA独自開発ドローン「Int-Ball」が国際宇宙ステーション「きぼう」内を浮遊中 | TechWave テックウェーブ #wave »

2017年7月 2日 (日)

SDRタンクの水抜きパイプ

雨降りばっかりで走れないばかりか、塗装がらみのことも出来ん・・・
んで、いろいろとすっとばして、タンクの中を覗いてみる・・・
家のタンクの場合はなんだか知らないが、中央部のみに錆が集中している、穴開きが良く起こる左右の底部の溶接部付近はほとんど錆びていない・・・

そいでもって、写真中央に見えるパイプがタンクのキャップ付近から進入した水を排出するパイプである。
見てのとおり錆が酷いのはタンクの底部に近い部分なので、穴があるのはこの部分だと思われる、この部分なら磨いて錆びを落としてフラックス塗ってハンダで塞げそうな気がする。
なにわともあれ、穴の位置を特定しないと進まないので・・・
1498960981367.jpg
下側(出口側)は既に塞いであるので、上側(タンクキャップ側)から空気を送り込んでみると・・・ブクブクと出てきます
1498960982137.jpg
この位置はサイドスタンドで停車中に水がたまりそうな位置・・・ハンダ付けの難易度も高そう、やっぱり最初に考えた「パイプ内コーティング作戦」で行こう。
そうと決まれば急ぐわけではないので、気長に適材なコーティング剤を探すとして・・・

とりあえず、入り口を塞いでおく
1498960983265.jpg
これでしばらくはタンクキャップ養生生活がつづく・・・

« SDRに水温計 | トップページ | JAXA独自開発ドローン「Int-Ball」が国際宇宙ステーション「きぼう」内を浮遊中 | TechWave テックウェーブ #wave »

コメント

あー、同じ状態です。
今、タンクをばらして整備中。
ハンダ付けを予定していましたがパイプ内コーティングは考え付かなかったです。
私も調べてみますが、良いのがあったら教えてください。

きろひーさんどもどもです
パイプの中の錆取をして、銀色でも白色でもコーティング剤を注入して、錆び穴からニュルニュル出てくるくらいに圧をかけて、出てきたコーティング剤を整えて乾燥したらパイプ内のまた固まっていないコーティング剤を排出してパイプ内も硬化させる・・・なんて企んでいます。
あっしのタンクの場合は錆が極端に酷い場所とそれほどでもない場所があるんで、どっちかというと全面コーティングは最後の手段で考えてます、前回酷い目にあってますし・・・
それと、エア・プランツさんの過去の記事にこのパイプの移植記事がありますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107889/65483712

この記事へのトラックバック一覧です: SDRタンクの水抜きパイプ:

« SDRに水温計 | トップページ | JAXA独自開発ドローン「Int-Ball」が国際宇宙ステーション「きぼう」内を浮遊中 | TechWave テックウェーブ #wave »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ