« 3年間常温で保存OKのシャキシャキ野菜「水でおいしい備蓄野菜」が販売 | トップページ | Google マップ »

2012年3月31日 (土)

【レポート】JAXA、「超広角コンプトンカメラ」による放射性物質の可視化実証実験を実施 | エンタープライズ

またまた震災絡みのカテゴリーに入れてしまいましたが、ほとんど愚痴です。
とりあえずリンク先を見てみて下さい。
リンク: 【レポート】JAXA、「超広角コンプトンカメラ」による放射性物質の可視化実証実験を実施 | エンタープライズ | マイナビニュース.
何が凄いって「可視化」です、目に見えるんです、いわき市内にもあちこちにモニタリングポストが設置されて、「その場所の今の放射線量」が判るようになりましたが、結局はおおまかな「この辺」の数値であって、「この側溝は、このネットは」とかのこまかいことは解らず仕舞いです。
なんだか、凄く不公平を感じるんです、震災で被災して支援や保障を受けていると、手厚い保護が受けられる人と、ほんとに困っているのになんの支援も受けられない人が居たりして・・・(ちなみにあっしなんかはかなり優遇されていると感じています)。
震災の義捐金なんかは確かに配分が難しいのは解るんだけど、東電の賠償金なんかは地域で分けるんじゃなくて、被害の程度(放射線量)で区分されるべきなんじゃないかと思うんだよ。こうゆうカメラで航空写真なんかを撮って、「この場所はこの線量」ってはっきりしちゃえばほんとにハッキリすると思う。除染の際にも「あそこが高線量なんで集中的に」とか「ここにまだ残ってる」とか目に見えるので、効果的に除染が出来そうである。
なんでもいいんだけど、なんでこんな面倒なことしないといけない世の中になっちまったのかね・・・

« 3年間常温で保存OKのシャキシャキ野菜「水でおいしい備蓄野菜」が販売 | トップページ | Google マップ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107889/54350944

この記事へのトラックバック一覧です: 【レポート】JAXA、「超広角コンプトンカメラ」による放射性物質の可視化実証実験を実施 | エンタープライズ:

« 3年間常温で保存OKのシャキシャキ野菜「水でおいしい備蓄野菜」が販売 | トップページ | Google マップ »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ