« Windows 8にスタートボタンが復活する『Start8』 | トップページ | 【レポート】JAXA、「超広角コンプトンカメラ」による放射性物質の可視化実証実験を実施 | エンタープライズ »

2012年3月29日 (木)

3年間常温で保存OKのシャキシャキ野菜「水でおいしい備蓄野菜」が販売

アウトドアでも使い道がありそうな感じですが、「備蓄」って名前が付いてるので地震関連のカテゴリに入れてみました。
実際に震災時(コンビニが閉じてしまってから)は、炊き出しのおにぎりとたくわんくらいしか手に入りませんでしたので、こうゆうのあると助かりますな。
田舎の小都市「いわき市」(人口30万ちょい)でも、たちまちのうちに備蓄食料を食い尽くした感じなんで(原発の避難民が流入していたことも有るか)、都会だったらどうなっちゃうんでしょう・・・ちなみに、新宿駅の一日の利用客がおよそ300万人だそうで、都会じゃやっぱし備蓄(その場に有る)ものだけでは足らんのでしょうなぁ。
物資が届くまでを想定して、何かを用意しておくのが吉かと。
リンク: 3年間常温で保存OKのシャキシャキ野菜「水でおいしい備蓄野菜」が販売 | ライフ | マイナビニュース.
で、
余談では有りますが、あっしは(個人での)食料の備蓄は意味無い派でした、どんな家でも1~2日位は買い物に行かなくても食いつなげるでしょうし、公共団体の支援があるだろうし、3日もすれば被災地域外から支援が届くってのがその理由だったんですが、
・家の備蓄品は運が良くないと役に立たない(たどり着けない、そもそも被災している)
・周辺の避難民を受け入れるので想定を上回る消費がおきる
・被災の範囲が広いと支援物資が行き渡らない
こんな感じに考えを改めました。
それと、原発の問題もありますね、これからの災害時には原発立地周辺には(原発に事故が無くても)物資が(一時的に)届かなくなったりするんじゃないでしょうか。

と、
備蓄野菜のアフェリを見つけたらここに貼り付けます

« Windows 8にスタートボタンが復活する『Start8』 | トップページ | 【レポート】JAXA、「超広角コンプトンカメラ」による放射性物質の可視化実証実験を実施 | エンタープライズ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107889/54336292

この記事へのトラックバック一覧です: 3年間常温で保存OKのシャキシャキ野菜「水でおいしい備蓄野菜」が販売:

« Windows 8にスタートボタンが復活する『Start8』 | トップページ | 【レポート】JAXA、「超広角コンプトンカメラ」による放射性物質の可視化実証実験を実施 | エンタープライズ »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ