« トイレが新しい遊び場に - ゲームと広告を兼ねた「トイレッツ」が登場 | トップページ | Frother 導入してみました »

2011年10月22日 (土)

真剣にディアゴスティーニモデルは検討しました。

まじかよ
リンク: Twitter / @abit_corp: 真剣にディアゴスティーニモデルは検討しました。初刊は ....
それにしも、W-SIMってのはなんにでも化けるつうか、恐ろしく開発の敷居の低い製品が出来るのですな。
こんなご時世でなければ、あの手この手のゲテモノ製品がウンカのごとく出てたんでしょうなぁ。
あっし的には・・・ディアゴからプラモフォンとか出てほしかったっす、で、全巻コンプしたらW-SIMプレゼントですな。毎週1980円で、最後のプレゼントのW-SIMはウイルコムからのインセで無料、ウイルコムとの契約書で手続きをすると(支払い手続き)、基本料金無しでウイルコム同士の通話無料で一年間使える(メールは月に200円のオプション)、要するに二台目無料版のメール無しみたいな扱いになるって寸法。
ポイントは完成した電話機(W-SIMジャケ)をほぼ基本料金無料で維持できるってこと、これでディアゴがガンガン売ってくれるなら、テレビCM なんて目じゃないくらいに話題になりますな。

« トイレが新しい遊び場に - ゲームと広告を兼ねた「トイレッツ」が登場 | トップページ | Frother 導入してみました »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107889/53052743

この記事へのトラックバック一覧です: 真剣にディアゴスティーニモデルは検討しました。:

« トイレが新しい遊び場に - ゲームと広告を兼ねた「トイレッツ」が登場 | トップページ | Frother 導入してみました »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ