« Google マップ | トップページ | 放射線の影響がわかる本 »

2011年4月 4日 (月)

ガソリン等を保管するには

今回の地震では、燃料の不足が問題になりましたね、あっしも自動車三台分のガソリンを一台にまとめてなんとか避難出来たりとか大変でした。
で、
もしもの時の為にとか、ガソリンの保管方法なんかの質問を請けましたのでちと調べてみました。
リンク: oil_.pdf (application/pdf オブジェクト).
ここで紹介されていることを全て守れば完璧なんですが・・・参考にしてって感じですかな。

ガソリンの保管期間についてはこの様な書き込みを見つけました、
リンク: ガソリン 保管期間について。 | OKWave.
はっきり「何ヶ月」とは言い切れないですが参考にはなりそうです。
リンク: サービスステーションFAQ(よくあるご質問)|コスモ石油FAQ(よくあるご質問)|コスモ石油.
長期間の保管は無理のようだし、万一呑んだり体に掛かったりした時の対処法も知っておくともしもの時に困りませんな。

余談ですが、使用後のガソリン缶は内部に結露して錆びます、内容物がたっぷり入っていれば錆びにくいのですが、空になっていると錆びやすいです、自動車のタンク等でも水抜き剤を入れたりするのと同じことです、使用後に保管する前にガソリンを完全に気化させてからからにして、完全に乾燥させてから仕舞わないと次に使うときに錆び錆びだったりします
瀬川清@長谷川

« Google マップ | トップページ | 放射線の影響がわかる本 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107889/51297325

この記事へのトラックバック一覧です: ガソリン等を保管するには:

« Google マップ | トップページ | 放射線の影響がわかる本 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ