« 放射線の影響がわかる本 | トップページ | チャートで放射線量を比較してみましょう »

2011年4月 6日 (水)

孫社長が100億円寄付 ソフトバンクからも10億円の義援金 - ITmedia D モバイル

なんだかんだ言ってそろそろ震災から一ヶ月が経とうとするのに、あっしは(実質)収入無しである、消防や避難や方付けばっかししてたんだから、当然といえば当然なんだが早いところ義捐金でも頂かないと生活が破綻寸前である・・・まあ、義捐金は例え話としても、低利の融資で借金でもしないとどうにもならん感じである、被災者証明を貰いに行く暇もない。

リンク: 孫社長が100億円寄付 ソフトバンクからも10億円の義援金 - ITmedia D モバイル.
孫さん凄いね良い悪い売名行為だとか色々言われるだろうけど、何もしないよりは遥かに良い、そしてやることのスケールがでかい、この件に関してはあっしは文句を言う余地が無い。
で、
リンク: 無線にゃん.

100億円の現金が手元にあれば、1000億円以上のファイナンスを仕掛けられるわけですよ、そのチャンスを捨てて支援をしたということです。その将来的なポテンシャルを復興のために捨てるという決断が出来たことは素直に褒めるところで、売名くさいからと言って批判をする場面ではないと思います。てゆーか、被災地の復興、被災者の生活再建は市場の再拡大と活性化に直につながるわけですから、当然企業としても収益が見込める、そのときにその再拡大した市場を独占できるチャンスがあるなら徹底的に利用すべきで、その手法が「直接的な支援」であると考えるなら、今回の支援は商業的にも理にかなっているといえなくもありません。

さて、働こう、困ったときに過去に困ったときの自分の行動がお手本になります、原発の一号機が水素爆発したときに、動揺して絶望したけど自分は自分の出来ることを頑張ってやるしかないってあの時は消防の活動にに全力を尽くすことにしたし、結局は自分の出来ることしか出来ないのだから今も自分の出来ることに全力をつくすしかないのだ

« 放射線の影響がわかる本 | トップページ | チャートで放射線量を比較してみましょう »

コメント

こんにちは

瀬川さんが、どうしていらしゃるのか、気になって時々見に来てます
ほんとに大変だとは思いますが、どうかがんばってください
遠方で、微力ですけど応援しております

このニュースにはホント驚かされました。
日本赤十字に集まった義捐金が1000億超えたと言っていたので、一人で1/10の義捐金!
孫さんのやることはスケールが大きすぎて脱帽です。
義捐金の分配に政府が関与してきたようですが、遅延無くやって欲しいものです。

hata さん、むらけんさん、有難う御座います、皆さんのご心配に支えられて今日も頑張れています。
百のお礼の言葉よりも明るいお知らせをするほうが良いかと思いまして、一つお知らせさせてください。
本日上の娘が中学の入学式を行えました、津波で校舎が使えない他の学校と合同で、ちゃんとセーラー服を着て元気に出かけて行きました、辛いことが沢山あったからこれからは楽しいことをどんどん増やしていきたいです。

こんにちは

お子さんが、嬉々として走っていく姿が目に浮かびます
そうです、どんどん前向きに進んでください

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107889/51314324

この記事へのトラックバック一覧です: 孫社長が100億円寄付 ソフトバンクからも10億円の義援金 - ITmedia D モバイル:

« 放射線の影響がわかる本 | トップページ | チャートで放射線量を比較してみましょう »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ