« 週刊零戦をつくる67号の記事を書く前に68号を引き取ってきました | トップページ | これはやばい »

2010年12月17日 (金)

だれとでも定額にしました

あっしの契約しているハイブリ(実際はRX430AL)に「だれとでも定額」オプションを付けました。

これまでは、
基本料金1450+新通話パック1050+あんしんサポート315=2815円(機種代別)
で、パケット使い放題・メール放題・2000円の通話無料(他にも家族間通話無料等)。

これからは、
基本料金1450+だれとでも定額980+あんしんサポート315=2745円(機種代別)
で、パケット・メール・通話放題(一部条件あり)と、なります。

考えてみれば、電話の主要な機能のデータ通信とメールと通話が2745円で使い放題になっているのだ(あんしんサポートを切れば2430円)。

ちなみに、ここに載せた金額には通話料が入っていない(出てこない)ので、差額は僅かなように思うでしょうが、これまでには2000円の無料通話分を使いきってしまえば、従量制で通話料金が発生して金額は青天井で上がったのである。
実際にはこれまでに(ちなみに通話パックを付けてから二ヶ月)無料通話分を使いきったことは無いのだが、これは本職の仕事が暇で電話をかける機会が少なかったり、家の固定電話を買い換えたのでそちらを使うことが多かったからである。

で、結局はどれくらい使っているのかというと・・・
通話は月に1000円~2000円程度、大量に使うと4000円くらい。
バケットはおよそ100万パケットくらい、およそ20000円くらい(定額プランにて、既に無し)。
マイウイルコムでチェックしてみるとこんな感じである。
なんか昔だったらとんでもない請求が来そうである。

んで、ハイブリで契約していると(新ウィルコム定額プランGS)、116に電話してだれとでも定額を申し込まないといけない、ここいらへんはいろいろと大人の事情があるんでしょうから、こちらも大人なんでぐだくだ言わずにおとなしく電話しました。
んでんで、不慣れそうな若そうな女子がたどたどしく応対してくれました。実はだれ定の受付が始まってすぐに申し込むことも出来たんだけど、おそらく混んでいるだろう・派遣のオペレーターが慣れてないだろう・色々事例を情報収集してから申し込みたいと思ったので、ここまで待って平日の日中に電話したのでした。
んでんでんで、受け付けた女の子は可哀相なくらい一生懸命に説明してくれて(マニュアルどうりかも)、おじさんが代わりに説明してあげたいくらいだったのだが(まあ全部知ってますから)、解ってはいてもお約束通りに次の質問はしてみました。
・いつから「だれとでも定額」は適用されるのか→今夜零時つまり明日から
・どのくらいで「マイウイルコム」に反映される→二~三日後(実際には翌日、つまり混んでる時にはこの位かかるかもってこと)
・ホームアンテナの申し込みは出来る?→出来ない、別のオペレーターと代わる
てなことでした。

そして、ついでとは言ってはなんだけど、ホームアンテナもレンタルすることにした。別に家での電波状況が悪いわけではないのだが、車に積んでおくとか(悪魔でツンデ億だけです)なにかと出来そうである。

さて、次は嫁さんの機種変更(と、だれ定適用)なんだが、新機種が出てくるのを待ったほうが良いものやら、もう機種代金が必ず取られる様になるかもしれないから、今が買い替え時なのか・・・悩む。
リンク: WILLCOM|だれとでも定額スペシャルサイト ~OPENING~.

« 週刊零戦をつくる67号の記事を書く前に68号を引き取ってきました | トップページ | これはやばい »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107889/50324539

この記事へのトラックバック一覧です: だれとでも定額にしました:

« 週刊零戦をつくる67号の記事を書く前に68号を引き取ってきました | トップページ | これはやばい »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ