« カメラに映った言葉をリアルタイムで翻訳するiPhoneアプリ『Word Lens』がスゴイ! | トップページ | 誰とでも定額が三ヶ月無料 - 1日限定の超プレミアクーポン »

2010年12月23日 (木)

週刊零戦をつくるの69号をこねくり回す

ずーっと気になってはいたんですが、どーでもいいことなんでそれほど問題にはしないつもりだったんですが、正式には「週刊零戦をつくる」が正しくて、「作る」としてしまうと別な物をさしてしまうのですが・・・どうでもいいですな。
で、なんでこんなことを思い出したかと言うと、69号に訂正シールなるものが入っていたのである、あっしの記憶が確かなら、こんなことはデアゴとしては初めてである、作業の間違いやページやファイリングの番号違いなどは訂正しても、記事の内容は間違っていても絶対に訂正しないものだと思っていた・・・すくなくともあっしの購読した分冊百科では、写真の間違いや名前の間違いがあっても訂正されたことは無かった、と思う(あっしが間違いだと思い込んでいた可能性もありますからな)。記事の間違いを訂正しなくても、それはそれで無理からぬことだと思える、出筆時点でそう判断されたからそう記載した訳で、たとえ(読者にとって)間違っていても(出筆者にとっては)間違っていないことにしないと事典は完成しなくなってしまうからだ。ひとつだけ例を挙げておくが、冥王星を太陽系の惑星だと載せている事典はどうだろうか、考えてみて欲しい。
だからこそこの訂正シールには納得がいかない、過去に購読した分冊百科ではこういった訂正は(あっしが買ったかぎりでは)なかったのに、なぜに今回は訂正したのだろうか、謎であるとともに13号の訂正文を69号に載せるという時間差攻撃にも驚きである。
さて、毎週おなじみのマガジンの内容とパーツはいつも通りである、以上。

でもって、零戦作りの手助けになればと、パーツの一覧を作成しています、こちらは指摘して頂ければ、手の回る限り直していきますので、御用とお急ぎでない方は一度ご覧になってくださいませ。
リンク: 週刊零戦を作るの資料室.

« カメラに映った言葉をリアルタイムで翻訳するiPhoneアプリ『Word Lens』がスゴイ! | トップページ | 誰とでも定額が三ヶ月無料 - 1日限定の超プレミアクーポン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107889/50377790

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊零戦をつくるの69号をこねくり回す:

« カメラに映った言葉をリアルタイムで翻訳するiPhoneアプリ『Word Lens』がスゴイ! | トップページ | 誰とでも定額が三ヶ月無料 - 1日限定の超プレミアクーポン »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ