« だれとでも定額 | トップページ | ウィルコムの「だれとでも定額」、どう思う? - ケータイ Watch »

2010年12月 4日 (土)

だれとでも定額にいたるまで

昔々あるところに、お兄さんとお父ちゃんとお母さんが住んでいました。
お兄さんは東北セルラーとゆうところの携帯電話を使っていたのですが、あまりに圏外が多くて困っていました。その使えなさときたら旅行に行くときには荷物を減らすために、携帯を自宅に置いて出かけるほどでした。
そんなある日のことです、ふと立ち寄ったガソリンスタンドで光る竹を見つけて切ってみると、中から PHS という電話機が出てきました(昔はガソリンスタンドで携帯売ってたの)。
お兄さんはすくすくと大きくなり、ある日鬼が島に鬼退治に出かけることになりました。しばらく行くと嫁さんがお供にしてくださいとついてきました、そこで PHS を買い増ししてその後に定額プランにコース変更するとファミリーパックで700円もお得になったのでした。
さらに進んでいくと娘が二人現れてまたたま PHS を買い増ししました(一台です)、今度は自分の基本料金まで割り引かれて1400円もお得になったのでした。
鬼が島では乙姫様が HYBRID W-ZERO3 をくれました(急に話が進みます)、それは欲しくてたまらなかったが販売中止になって手に入らなくなっていた、パケット代が(実質)無料の HYBRID W-ZERO3 でした、実はウイルコムストアでちょっとだけ販売が再開された日には、仕事を休んでまで申し込みをしたのに手に入れられなかった HYBRID W-ZERO3でした。
そして、乙姫様には絶対に開けてはいけないとは言われていた「だれでも定額」でしたが、 HYBRID W-ZERO3 でも白い煙がもくもくと・・・

さて、これからどうなるんでしょうか。
これからの登場人物「正義の孫」等

« だれとでも定額 | トップページ | ウィルコムの「だれとでも定額」、どう思う? - ケータイ Watch »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107889/50206793

この記事へのトラックバック一覧です: だれとでも定額にいたるまで:

« だれとでも定額 | トップページ | ウィルコムの「だれとでも定額」、どう思う? - ケータイ Watch »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ