« 週刊零戦を作るを積んで置く60号を引き取ってきました | トップページ | my Picturetown 3D - オンライン3D変換・共有&3Dデジタルフォトフレーム サービス »

2010年10月26日 (火)

米アマゾンの電子書籍端末「キンドル」

国内でもちらほらと姿を見せ始めた電子書籍端末「キンドル」であるが、その発売元の米アマゾン・ドット・コムが、キンドルユーザーが電子書籍を友人に14日間貸し出せるようにするんだそうだ。

このサービスは年内に開始される予定だそうで、キンドルの購入者がアマゾンのサイトで購入した電子書籍を1度だけ14日間貸し出せるというもなんだな(従来型書籍と同様に、書籍が友人の手に渡っている間、ユーザーはその書籍を読めなくなる)。キンドル所有者のほか、アップルの多機能端末iPad(アイパッド)や携帯電話機iPhone(アイフォーン)といった端末でキンドルのアプリケーションを使用している人にも貸し出すことができるのだそうだ。

これで電子書籍も紙の本にまた一歩近づいたと言える。

ところで、アマゾンの電子書籍サービスでは不可能なことがもう一つあるんだけど、それはデジタル図書館(ライブラリー)の利用だな。
ソニーの電子書籍端末「リーダー」のユーザーは、電子書籍配信サービスのオーバードライブが運営するような人気のライブラリー・サイトから書籍を選び、デジタル著作権管理(DRM)ソフトが埋め込まれた書籍を読むことが可能なんだが、キンドルは独自の電子書籍形式を採用しているため、これに対応していないんだそうだ。

おそらく、このシステムで本を人に貸したなら返してもらえないリスクは無いのだろうね、あっしのところから本を借りて行ってまだ返していない方、お気づきでしたら大至急ご連絡下さい。

(ちなみに、リンクを貼らずに全部説明してみましたが理解出来たでしょうか?)

追記10/30 ちなみに現在キンドルは通販にて買うことができます、AT&Tの契約で国際ローミングなんで日本国内でも問題なく使えるそうです、ちゃんとリージョン管理されて日本では買えない本があるそうなんで、正式対応と考えてまず問題ないでしょうな。

« 週刊零戦を作るを積んで置く60号を引き取ってきました | トップページ | my Picturetown 3D - オンライン3D変換・共有&3Dデジタルフォトフレーム サービス »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107889/49850654

この記事へのトラックバック一覧です: 米アマゾンの電子書籍端末「キンドル」:

« 週刊零戦を作るを積んで置く60号を引き取ってきました | トップページ | my Picturetown 3D - オンライン3D変換・共有&3Dデジタルフォトフレーム サービス »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ