« モレスキン Covers for iPhone and iPad - Moleskine | トップページ | 宝箱を出して商品をゲットしよう!! »

2010年10月 4日 (月)

週刊零戦の部品を集める57号を引き取ってきました

またプロペラの話なんだけど、手持ちの旧軍機の写真集なんかを見直してみると、数こそ少ないもののスピナーが外されているものがあったりして、たとえば月光なんかは開発時期と発動機が同じなんで、結構参考になんったりもする。
でもって、零戦作るの57号なんだけど、先週これじゃプロペラの構造が解らんって怒ってたんだが、今週はなんとイラストと写真で紹介されていて、模型のディテールアップくらいならこの資料で用が足りるかもしれない・・・でも、32型以降のプロペラなんだよねこれ、まあほぼ同じものと考えて問題はないのだろうけど、21型までは CS-40B で32型以降は住友/ハミルトン定速式 3D だといわれると、この図や写真を21型の資料にはするなと言われているようで、なんともすっきりしない。ようするに21型の鮮明な写真が無かったのか?
模型の工作としては、デアゴ掲示板で紹介されている物でほぼ間違いないと思えるし、アレを参考にしてディテールアップすれば、かなりよい感じに仕上がるのではないだろうか。
そうなってくると、最大の問題は今後この部分のパーツが配布されるのか、されたとしても使用に耐えられるのか改造のベースくらいにはなるのかってことですな。
某掲示板の方で、着艦フック収納部の話が出ていて、あっしは57号を見ていなかったんで、実機の収納部の形がカッコ良いつう話題なのかと思っていましたが、デアゴの支給品の着艦フック収納部溝を見て、この形があってあの発言なのだなと気が付きました。もうこりゃ駄目だなと・・・主脚の基部といい今号の溝(溝が配布されるっておもろいが)といい、すでに修正の域を超えた加工が要求される、今日この頃である。
でもって、ついでの話で、本屋に引き取りに行ったときについついレジの前で後の取り置きの本を見ていると・・・ CB750 ありますねぇ、定期購読する人がいるんですねぇ、まあがんばってほしいもんです(おまえもがんばれよってか)。

« モレスキン Covers for iPhone and iPad - Moleskine | トップページ | 宝箱を出して商品をゲットしよう!! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107889/49644477

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊零戦の部品を集める57号を引き取ってきました:

« モレスキン Covers for iPhone and iPad - Moleskine | トップページ | 宝箱を出して商品をゲットしよう!! »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ