« 米アマゾンの電子書籍端末「キンドル」 | トップページ | 負けが決まってる勝負を死ぬまでやらされる若者世代。 : ひろゆき@オープンSNS »

2010年10月27日 (水)

my Picturetown 3D - オンライン3D変換・共有&3Dデジタルフォトフレーム サービス

とりあえずデジタルフォトフレームが欲しいと思い続けてはや数年・・・高いものから安いものまで選り取り緑の状況になってきましたが、帯に短し襷に長しで結局はこれだって決められないのだが・・・そもそも、ここまで買わずにきたってことはもしかしたら必要ないのではって気にもなってきたのだが、それでは紹介にならないので何とか話題にまとめてみよう。
もともと、デジタルフォトフレームはデータ(写真)が表示できればよかったのだが、その起源はおそらく売れ残りの小サイズの液晶と中途半端なメモリーの不良在庫をさばくための、苦肉の策だったのではと思っている、それに付加価値としてアクセサリーとしての機能や通信機能などが付いて、現在の多機能フォトフレームに進化したのだと思う。
結局のところ、売る側の都合で生まれてきたものだから我が家に無くても、生活をするうえで何も不便は起きないので、無理をしてでも買おうとはならないのであるな。
ところがこのニコンのフォトフレームはちと違う、my Picturetown3D つう 2D の写真を 3D に変換するサービスのビューワーなんだそうである、つまり、このサービスで 裸眼3D にて見ようと思えば絶対に必須なのだな。
よくよく考えてみると、本当に 3D が必要なのかってところが問題のような気もするが、サービス自体も安価だし、ビューワーの見え方(視野角とか問題ですな)しだいでは、写真の最終出力の今後の主流になるかもしれない。
リンク: my Picturetown 3D - オンライン3D変換・共有&3Dデジタルフォトフレーム サービス.

« 米アマゾンの電子書籍端末「キンドル」 | トップページ | 負けが決まってる勝負を死ぬまでやらされる若者世代。 : ひろゆき@オープンSNS »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107889/49857893

この記事へのトラックバック一覧です: my Picturetown 3D - オンライン3D変換・共有&3Dデジタルフォトフレーム サービス:

« 米アマゾンの電子書籍端末「キンドル」 | トップページ | 負けが決まってる勝負を死ぬまでやらされる若者世代。 : ひろゆき@オープンSNS »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ