« これでいいのか 週刊零戦を作る | トップページ | 警視庁が公式美少女ゲーム公開!「ドキドキまあちゃんゲーム」 »

2010年9月 9日 (木)

ピート・バーンズ(Pete Burns) by ザ・ベストハウス123

あっしが音楽の話題を取り上げるなんざ、おそらくこれが最後になるやもしれませんが(まさか)。
80年代の音楽といえばあっしの青春そのもので、ピート・バーンズつう名前は覚えてませんでしたが、今日見た「ザ・ベストハウス123」でバックで流れていた、「Dead or Alive」の曲は聴き覚えがありました。
あの頃は(中、高くらいか)そりゃあもうただがむしゃらで、見るもの聞くものなんでも吸収したくて、音楽なんかはラジオでかかる曲を手当たり次第にカセットテープに録音しては、でかいラジカセでガンガン鳴らしてました。(ウォークマンは高嶺の花)
もちろん当時から音楽を趣味にしている人は居たんだけど、あっしは音楽は消化するもんだと思ってたようで、誰が歌ってるとか曲にどんな背景があるとかは、結局どうでも良かった感じ
そんなこんなで大人になると、iPodでレンタルCDを取り込んで聞く様なライフスタイルが出来上がって、テレビで曲が流れると次の日にツタヤのCDの棚からその関係のディスクが消えるわけである。いや、そうゆう話ではなかった。
レンタルで借りてくるには、思いのほか曲の知識が必要になるもんである、鼻歌では歌えるけど曲名も歌手も判らんとかは、借りようにも手も足も出んな。
てな時は、
歌やハミングで音楽検索
これですな、もう説明もしません、見てもらえば判ります、マイクだけ用意してください。

でもって、
なんだかんだで、結局はネットラジオを聴くことが多いのよ(じゃ今までの話はなんなのよ)、そうすると、音が悪くて結局「稲川順二」の怪談くらいがちょうど良くなっちゃうんだけど、やっぱし音楽聴きたいよね、そうそう、やっぱり105円のカナルじゃ音悪いよねって、もともとネトラジは音が悪いからヘッドホン変えてもダメなんだなぁ。
レンタルCDなら違いが判るよね(おおっ、話題が戻ってきた)、ダイソー系イヤホンマニアのあっしとしては、105円でなんとかしたいけど、そもそも、ダイソー系イヤホンってもうすでに100円じゃないし、当たり外れが多すぎて全部試すと、そこそこのブランドの安物が買えたりもする。
で、結局買うんだよね、イヤホン(ヘッドホン)。

しっかし安いのに音が良いね、勿論高いのには敵わないけど必要十分。

« これでいいのか 週刊零戦を作る | トップページ | 警視庁が公式美少女ゲーム公開!「ドキドキまあちゃんゲーム」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107889/49393209

この記事へのトラックバック一覧です: ピート・バーンズ(Pete Burns) by ザ・ベストハウス123:

« これでいいのか 週刊零戦を作る | トップページ | 警視庁が公式美少女ゲーム公開!「ドキドキまあちゃんゲーム」 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ